TOPICS

TOPICS一覧

INFO2016.08.20
平成28年度大阪市立大学人工光合成研究センター共同利用・共同研究の公募を開始しました。 詳しくは共同研究のページをごらんください。
NEWS2016.08.20
天尾 豊 教授らのグループが、 二酸化炭素からギ酸を作る際に、天然の補酵素を用いた場合と比べ約560倍も活性を向上させる人工補酵素分子の開発に成功しました。くわしくは→こちら プレスリリースは→こちら PDFファイル
NEWS2016.08.05
天尾 豊 教授らのグループが、 二酸化炭素からギ酸を作る際に、ジクワットと呼ばれる人工補酵素を用いることで、天然の補酵素を用いた場合と比べ約126倍も活性を向上させることに成功しました。プレスリリースは→こちら PDFファイル
NEWS2016.07.19
人工光合成研究センターが文科省「共同利用・共同研究拠点」に認定 「人工光合成研究拠点」キックオフ・セミナーを開催します。くわしくは→こちら プレスリリースは→こちら PDFファイル
MEDIA2016.04.13
野地智康 複合先端研究機構特任講師の研究内容に関する記事が、日刊工業新聞2016年4月13日27面に掲載されました。
INFO2016.03.28
「第7回OCARINA(複合先端研究機構)国際シンポジウムおよびマイケル・ノーベル博士第2回国際シンポジウム」を開催しました。くわしくは→こちら
MEDIA2016.01.22
複合先端研究機構 増川一准教授が2015年12月4日に開催された「第4回ネイチャー・インダストリー・アワード」において特別賞を受賞されました。くわしくは→こちら
日刊工業新聞の記事は→こちら
人工光合成研究拠点入口

人工光合成研究拠点

研究紹介

太陽光駆動型バイオマス
ー水素製造技術開発に成功
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
エタノール燃料生成のための
人工光合成技術
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
二酸化炭素を燃料に変換する
酵素触媒に関する研究
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
太陽電池・CO2還元・燃料生成機能を持つ
バイオデバイスに関する研究
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
植物や藻類が作り出す, 人が生きていく上で必須な酸素の発生機構の解明
(複合先端研究機構 教授・神谷 信夫/特任准教授・川上 恵典)
植物の環境適応を実現する過渡的
超分子複合体の構造基盤(受託研究)
(複合先端研究機構 特任准教授・川上 恵典)
酸素大気下での人工光合成を可能とする
「ガラス葉」を作る
(複合先端研究機構 特任講師・野地智康)
アスタキサンチン蓄積レタスの
光合成機能の解明
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
褐藻類の光合成アンテナに結合した色素の
構造と機能
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
深所型緑藻の光合成アンテナに結合した
色素の構造と機能
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
海洋性光合成色素クロロフィルcの
光励起状態の解明
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
窒素ガス気相下での
持続的な水素生産に成功
(複合先端研究機構 特任准教授・増川一)
可視光応答型光触媒中の活性サイトの
同定と可視化に成功
(複合先端研究機構 教授・吉田朋子)

▲TOPへ