TOPICS

TOPICS一覧

NEWS2017.5.19
天尾豊所長の人工光合成に関する記事が、読売新聞2017年5月19日13面「サイエンスBOX」に掲載されました。
NEWS2017.04.03
川上恵典 複合先端研究機構特任准教授の研究内容に関する記事「光合成膜たんぱく質 高品質結晶を作製」が、化学工業日報2017年3月29日12面に掲載されました。
INFO2017.03.01
分析施設(FT-ICR-MS)装置が復旧しました。
つきましては、依頼測定を開始いたします。
INFO2017.02.16
分析施設(FT-ICR-MS)装置の復旧見込時期の再度変更について。詳しくはこちらPDFファイルをご覧ください。
NEWS2017.01.27
増川 一特任准教授らのグループが、藻類の光合成を利用した水素増産に成功しました。 →プレスリリースPDFファイル
INFO2017.01.25
2017年2月1日(水)に、2016年度第2回人工光合成研究拠点講演会が開催されます。くわしくはこちら をご覧ください。ちらしは→こちらPDFファイル
NEWS2017.01.23
人工光合成研究センター天尾豊所長が国際シンポジウム「Asia-Pacific Congress on Catalysis」において、二酸化炭素のセッションで講演を行い、Best Oral Presentationを受賞されました。くわしくはこちら
INFO2017.01.12
分析施設(FT-ICR-MS)装置の復旧見込時期の変更について。詳しくはこちらPDFファイルをご覧ください。
INFO2017.01.10
分析施設(FT-ICR-MS)装置の不具合について。詳しくはこちらPDFファイルをご覧ください。
NEWS2016.11.19
日本銀行大阪支店長と人工光合成研究センター天尾所長が対談しました。くわしくは→こちら
INFO2016.11.18
2016年12月2日(金)に、2016年度第1回人工光合成研究拠点講演会が開催されます。くわしくはこちら をご覧ください。ちらしは→こちらPDFファイル
NEWS2016.11.01
イメージング質量分析のサービスを開始しました。分析例はこちらPDFファイル
NEWS2016.09.01
川上恵典 複合先端研究機構特任准教授の研究内容に関する記事が、日経産業新聞2016年9月1日8面に掲載されました。
INFO2016.08.25
人工光合成研究拠点キックオフ・セミナーを開催しました。くわしくは→こちら
INFO2016.08.20
平成28年度大阪市立大学人工光合成研究センター共同利用・共同研究の公募を開始しました。 詳しくは共同研究のページをごらんください。
人工光合成研究拠点入口

人工光合成研究拠点

研究紹介

太陽光駆動型バイオマス
ー水素製造技術開発に成功
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
エタノール燃料生成のための
人工光合成技術
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
二酸化炭素を燃料に変換する
酵素触媒に関する研究
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
太陽電池・CO2還元・燃料生成機能を持つ
バイオデバイスに関する研究
(複合先端研究機構 教授・天尾 豊)
植物や藻類が作り出す, 人が生きていく上で必須な酸素の発生機構の解明
(複合先端研究機構 教授・神谷 信夫/特任准教授・川上 恵典)
植物の環境適応を実現する過渡的
超分子複合体の構造基盤(受託研究)
(複合先端研究機構 特任准教授・川上 恵典)
酸素大気下での人工光合成を可能とする
「ガラス葉」を作る
(複合先端研究機構 特任講師・野地智康)
アスタキサンチン蓄積レタスの
光合成機能の解明
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
褐藻類の光合成アンテナに結合した色素の
構造と機能
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
深所型緑藻の光合成アンテナに結合した
色素の構造と機能
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
海洋性光合成色素クロロフィルcの
光励起状態の解明
(複合先端研究機構 准教授・藤井 律子)
窒素ガス気相下での
持続的な水素生産に成功
(複合先端研究機構 特任准教授・増川一)
可視光応答型光触媒中の活性サイトの
同定と可視化に成功
(複合先端研究機構 教授・吉田朋子)

▲TOPへ