拠点利用

共同利用

600MHz 核磁気共鳴分光計(液体用) NMR, BRUKER / AVANCETMⅢ

NMR

原子核のスピンを利用して、非破壊的に物質の構造・状態を知ることが できる装置です。有機化合物の構造決定、さらにはタンパク分子の水溶 液中での立体構造解析も可能です。強磁場コイルを採用し、さらに超高 感度TCI CryoProbeを組み合わせた高感度システムです。

【仕様】
1H周波数 600MHz
現在委託分析のみ受付けています。

NMR

【 CryoProbeとは? 】
コイル部およびプリアンプ部を低温Heガスで冷却し、熱雑音を除去する ことで高感度化したプローブ。微量 成分検出・短時間測定が可能。



適応分野
  • 化学式、元素組成の分かっている物質の構造決定
  • 未知化合物の構造決定
  • 不純物の確認
  • 貴重な試料の非破壊分析
活用事例紹介

・FT-ICR MS と NMR を組み合わせた微量成分の構造決定詳細はこちら


フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析計 FT-ICRMS, BURUKER / solariX

MS

質量分析計の中で最も分解能が高い装置です。微量の未知資料、脂質や油脂のような低極性化合物、イオン化しにくい生体由来の高分子化合物まで対応しています。

【仕様】
マグネット 7.0T イオン源 ESI,MALDI
分析性能 100-10,000m/z
MS/MS CID, ECD, ETD等
現在委託分析のみ受付けています。


適応分野
  • 微量の未知物質の分析・同定(由来の推定・混入経路や不良原因の推定など)
  • タンパク質の同定(アミノ酸配列の決定とデータベース検索によるタンパク質の決定)
  • 複雑な化合物、生体試料、合成高分子などの構造式決定(精密質量分析による元素組成分析)
  • イメージング質量分析による組織切片中の目的分子の検出(薬物動態、バイオマーカー、毒性メカニズム)
活用事例紹介

・FT-ICR MS と NMRを組み合わせ、全葉に含まれる微量成分の構造決定詳細はこちら
・イメージング質量分析の参考データはこちら


超高輝度X線結晶構造回折装置 Rigaku /  FR-X, R-AXIS Ⅶ

XRD

ReCAP保有のX線結晶回折装置は、生体高分子の結晶に対して高い分解能の回折像を得ることが出来るシステムです。
R-AXIS VIIは、3枚のイメージングプレートを持ち、露光、読取、消去を同時に行なうことができます。
低温吹付装置により-180℃までの低温条件化で回折データを取得、生体高分子の高精 度な立体構造を得ることができます。

【仕様】
ターゲット Cu 輝度 67.3(kW/mm2)
イメージングプレート検出面積 300×300 (mm)
読取時間 30sec(分解能100μmの場合)
現在本人分析のみ受付けています。

適応分野
  • 創薬研究(標的蛋白質の阻害剤合成など)
  • 新規蛋白質の迅速な結晶化スクリーニング
  • 結晶の質の評価(結晶化難易度の高い膜蛋白質結晶の測定)
  • 高度なデータ解析(測定・処理ソフト「ClystalClear」,「HKL2000」使用)
活用事例紹介

・ビタミンB6蛋白質の構造解析詳細はこちら

▲TOPへ