拠点について

拠点概要

 本学では都市のみならず国際的な環境問題の解決および新エネルギーの創出に係る研究を重点研究課題の一つとして挙げており、これまでに太陽光エネルギーから燃料を作り出すための人工光合成研究に関しては、国内外においてトップレベルの研究成果をあげています。

 本学で推進してきた人工光合成に係る研究は、さまざまな外部資金に採択され、その成果が、「Nature」に取り上げられるなど、世界的に注目を集めております。本学人工光合成研究センター(以下ReCAP)はこれまでの基礎研究において一定の成果をあげた人工光合成研究の実用化に向けた新たなステージに取り組むことを目的として平成25年6月に設立された国内で唯一の「人工光合成」と名のつく建物設備を伴うセンターです。

 今回、ReCAPがイニシアチブを取り、これまでの蓄積された国際的な研究成果を最大限活用し、人工光合成研究に特化した共同研究活動の拠点を早期に形成すべく共同利用・共同研究拠点として文部科学省から認定されました。これまで蓄積してきた本学の光合成・人工光合成研究成果を基盤とし、内外から次世代エネルギー創製・環境問題解決を目標とした光合成・人工光合成に関する基盤技術を結集した研究拠点として広く活用することを目的とし活動を続けてまいります。

▲TOPへ