設置機器

NMRをご利用の方へ

お知らせ

初めて分析機器を利用する方は「人工光合成研究センター分析機器利用申請書」を提出し、センター所長の許可を得てください。

分析の概要

 NMR(核磁気共鳴)は、強磁場中に試料を入れることで、スピンを整えた分子の原子核に対して、ラジオ波を与えて共鳴させ、安定状態に戻る時に出すラジオ波の情報から、原子の回りの環境を分析し、分子の構造を明らかにするための有力な情報を得ることが可能です。特に分子の立体構造に関する情報や、室温における分子間の相互作用等の情報がえられることもあります。

分析項目

測定項目 内容
1次元測定 1H
13C
dept
その他
1H non-decoupling測定
13C proton complete decoupling測定
特にdept135での測定による炭素核の種別分析
(要相談)
2次元測定 H-Hcosy
noesy
hsqc
hmbc
その他
1H-1H シフト相関測定
1H-1H 間NOE相関測定
1H-13C直接結合核の相関測定
1H-13Cロングレンジ結合核の相関測定
(要相談)
その他 (要相談)

試料の調整方法

  • 分析用試料は、試料が溶解可能な重溶媒に溶解後、NMR試料管に4cmの量を入れ、キャップをきっちりとしめたものをご用意ください。
  • 使用した重溶媒にTMS等のリファレンスが入っているかどうか等の情報も事前にお知らせください。
  • 溶液に混濁があったり、液量が違っているもので測定が困難なものは、受け付けられない可能性が高くなりますので、ご協力をお願いいたします。

受付場所

人工光合成センター管理室(事務室)
メール:toiawase(at)recap.osaka-cu.ac.jp / 電 話:06-6605-3721

委託分析の申し込み方法(提出方法)

初めて利用される方は、利用登録を最初に行ってください。 受付場所にまずは申込書をご提出ください。受付後、測定の相談や装置の状況による測定予定日時を連絡させていただきます。

委託分析申込書等

成果公開 成果非公開
学外者用 核磁気共鳴分析(NMR)申込書(本人分析) wordファイル PDFファイル wordファイル PDFファイル
核磁気共鳴分析(NMR)申込書(依頼分析) wordファイル PDFファイル wordファイル PDFファイル
依頼書詳細 wordファイル PDFファイル wordファイル PDFファイル
学内者用 核磁気共鳴分析(NMR)申込書(本人分析) wordファイル  PDFファイル
核磁気共鳴分析(NMR)申込書(依頼分析) wordファイル  PDFファイル
依頼書詳細 wordファイル  PDFファイル

分析料金

学内料金につきましては全学ポータルサイトより人工光合成研究センター(ホーム>学務・学生>研究支援課>人工光合成研究センター)内の学内料金表をご覧ください。

前のページに戻る

▲TOPへ