センター概要

設立の趣旨

 人工光合成研究とは、完全なクリーンエネルギーの実現に向けた技術開発です。今後、産学官が一体となり、一層活発に行われる研究分野でもあります。
 大阪市立大学では、環境問題の解決および新エネルギーの創出に係る研究を重点研究課題の一つとして挙げており、中でも、人工光合成研究 (Solar of Fuels) に関しては、国内外においてトップレベルにあります。
 本学の人工光合成に係る研究においては、さまざまな外部資金に採択され、その成果が、「Nature」に取り上げられるなど、世界的に注目を集めています。
 本施設は、このような基礎研究において一定の成果をあげた、人工光合成研究の実用化に向けた新たなステージに取り組むことを目的として設立されました。

センターの組織

 本センターは、人工光合成研究およびその周辺技術に関する応用研究を推進する中核拠点として機能するために、多くの分野の研究者によって組織された拠点です。また、センター内に設置してある最先端の分析機器には担当の支援職員を配置しており、学内外の研究活動に関して強力な支援体制を整えています。これら組織により、さまざまな分野の共同研究等に対応することが可能です。

人工光合成研究開発でめざすもの

 本学における人工光合成研究の成果により、これまで「不明」とされていた植物において、水と二酸化炭素から、酸素と糖類を生成するタンパク質複合体の構造が明らかになされました。
 これを受けて、太陽光の高効率捕集・エネルギー伝達を連動させた「人工光合成膜デバイス」(太陽光+水から電子を取り出す機能)の完成を目指すとともに、太陽光エネルギーから得られた電子を使い二酸化炭素から、メタノール等のアルコール燃料を生成する「新規触媒」の開発を進めています。これら「人工光合成膜デバイス」および「新規触媒」を融合することにより、「ハイブリット光合成モジュール」(太陽光+水+二酸化炭素から、アルコール燃料を生成する装置)の開発・実用化に向け、効率的な企業等との産学官連携研究に取り組んでいます。

沿革

平成19年
複合先端研究機構設立。
平成20年4月
「次世代エネルギーの開拓と産業応用」の研究プロジェクト始動。
平成23年4月
神谷信夫教授(複合先端研究機構)等の論文" Crystal structure of oxygen-evolving photosystem II at a resolution of 1.9 Å "、Nature誌電子版掲載
平成23年12月
神谷信夫教授等の光合成に関する研究を米サイエンス誌が「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー2011」に選出。
平成24年1月
神谷信夫教授「光合成における水分解・酸素発生の分子機構の解明」で朝日賞受賞。
平成24年6月
人工光合成の実用化のための企業との共同研究の拠点として 人工光合成研究センターの着工。
平成25年3月
人工光合成研究センターの竣工。
平成25年6月
人工光合成研究センターの開所。
平成26年1月
分析機器運営部会の設置。

▲TOPへ